ビームス ボーイ(BEAMS BOY)別注 テーラー東洋スカジャン & スカ刺繍バッグ

スカジャンでおなじみのテーラー東洋(TAILOR TOYO)。昨年夏から人気アパレルの各ブランドが取扱いを始めています。
このブログでもジャーナルスタンダード別注の東洋テーラースカジャンとベトジャンをご紹介してきましたが、
龍や虎の刺繍が入ったスカジャンなので、さすがに似合う似合わない、好き嫌いがあります。
好きな人は是非とも抑えておきたいですね。かなりシブい仕上がりになっています。

今回はレディースから登場しているわけですが、こういうのはオシャレの極み。不良っぽいアイテムですが、普段の着こなしに
さりげなく取り入れるのが今風。一着くらい持っていても良いのかなーって思ったりもします。
刺繍バッグは女性のみならず、男性もお使いいただけます。


ビームス ボーイ(BEAMS BOY)別注 テーラー東洋スカ刺繍バッグ.jpg

[マルイ] TAILOR TOYOxBEAMS BOY / スカ刺繍 2WAY ヘルメットバッグ 17/ビームス ボーイ(BEAMS BOY)
価格:19,224円(税込)
ビームス ボーイ別注アイテムは、刺繍バッグとスカジャン、ベトジャンが登場。
スカジャンはかなりハイレベルなアイテムになりますが、注目はバッグ。女性がこれ持ってるとインパクト大。
相当シブいコーディネートが完成すると思います。女性はこれくらいインパクトある方がカッコいいです。


TAILOR TOYO×BEAMS BOY  スカ刺繍バッグ.jpg

女性が背負うと大きめですが、デザインがデザインなのでこれくらいがちょうど良い。

1950年代当時の古いヘルメットバッグを再現し、柄・サイズ等全てに対し別注で製作したスペシャルアイテム。
スカジャンに用いられる人気の「龍」を、ホワイトの刺繍糸で前面に大胆に施しました。
当時パイロットがヘルメットを入れるために使用していたスペックに合わせた本格仕様。
着脱可能なショルダーストラップも付属され、トートにもショルダーにも使える嬉しい2WAYタイプ。
男女問わずお使いいただけるこだわりのひと品です。




[マルイ] TAILOR TOYOxBEAMS BOY / スカジャン 17/ビームス ボーイ(BEAMS BOY)
価格:48,600円(税込)
スカジャンと言えば、全体的にコーディネートが難しい印象ですが、今は女性っぽいスカートなどを合わせるのがツウ。
コーディネートに決まりなど無いのです。好きなものを合わせるべし。
原宿とか歩いてると、スカジャン来てる若い女性をよく見かけるようになりました。
こういうの着る人っていうのはみんな個性的。つまり自分が楽しければそれでOK!自己満足度の問題。

ハイクオリティな素材を用い、ディテールまで丁寧に物作りを行う“TAILOR TOYO”。
先シーズン人気のスカジャンがアップデートして新登場!
ボディは鮮やかなネイビーと、クリーンな印象のホワイトのリバーシブル仕様。
虎や龍の王道デザインを随所に刺繍で施しました。ホワイト面の虎は目元だけブラックの刺繍でアクセントを付け、
遊び心を感じるデザインに。
BEAMS BOYならではのこだわりが細部まで行き渡ったスカジャンは、真っ先に手に入れたい一押しアイテムです。




[マルイ] TAILOR TOYO x BEAMS BOY / VIETNAM JACKET 17/ビームス ボーイ(BEAMS BOY)
価格:34,560円(税込)
カラー、刺繍ともに何とも言えない表情。これがたまらない。これがベトジャン。

1960年代のベトナム戦争時に生まれたスーベニアジャケット、通称「ベトジャン」。
ヴィンテージのベトジャンのなかでも非常に珍しい、ターコイズブルーのコットンツイル生地を使用したモデルです。
当時、ベトジャンの胸には漢字で「福」の文字を刺繍しているものが多く、このモデルはそれをもじって英語で
「HAPPINESS」と刺繍されています。背中はベトナムマップの図案で、下部に刺繍されている「PHUBAI-HUE」とは地名。
1965年から1966年までその地に駐留していたアメリカ軍兵士によってオーダーされたものを再現しています。


関連記事:超本物 ジャーナルスタンダード別注 テーラー東洋 ベトジャン【TAILOR TOYO × JS】 
関連記事:超刺繍 ジャーナルスタンダード別注 テーラー東洋 スカジャン【TAILOR TOYO × JS】 
関連記事:ビームスボーイ(BEAMS BOY)ロゴキャンバストート & Tシャツ
関連記事:ビームス40周年別注 Disneyラウンドバッグ / BEAMS BOY
関連記事:ビームス40周年別注 ラングラー レディースデニム(WRANGLER)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448473688

この記事へのトラックバック