音の最高峰!スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ ありそうでなかったホワイトヘッドホン

「Bose OE2 audio headphones」と「Bose OE2i audio headphones」のご紹介です。
この2つの違いはスバリ「 i 」なのかどうなのかという点ですが、「 i 」が付いている方は、iPhoneやiPadなどのApple製品専用に設計された次世代型ハイクオリティ・オンイヤーヘッドホンとなっています。
マイク付きリモコンを搭載し、手軽に音量調整やスキップ、一時停止といった音楽再生操作をはじめ音声アプリケーション操作や
着信応答や終話の切り替え操作まで自由自在に操作が可能です。

スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ0022.jpg

この無造作に置かれた感じがたまらない...

「Bose OE2 audio headphones」「Bose OE2i audio headphones」は、ボーズ独自の低音再生技術「TriPortテクノロジー」をさらに進化させた新しいポート構造を採用。また、最適な音響特性を生む素材・デザインを追及した新開発の専用イヤークッションを使用することで、クリアな高域と深みのある低域再生を実現し、全帯域にわたってスムーズでバランスのとれた再生を実現。

私も実際に装着して音楽を聴いてみましたが、BOSEさんの製品は、何でしょう。。。
私なりに表現しますと、音に膜というか層というか壁というか、そういうのが一切ありませんのでまとめてしまうと「クリア」ということになります。
つまりは「音」そのものがとてもキレイ!低音域にはめっぽう強いBOSEですが、さらに進化を遂げて登場です。


スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ0023.jpg

ブラックカッコですね。プロな感じがします。

実際に装着してまいりましたが、今までに着けたことのないフィット感。
非常に軽く、長時間装着していても耳を圧迫する感じは一切なく快適そのもの。
この理由は、新開発されたイヤークッションにあり。耳に優しい低反発素材を採用し、サイズを小型化。
緻密な計算のもと設計された独自デザインにより、密着性を維持しながら耳への圧力を全体へ均一に配分し圧迫感を大幅に軽減。
また、頭部によりフィットするようヘッドバンドの曲線デザインを改良し、ヘッドバンドのスリム化と軽量化を実現。
音質に影響を与えることなく、長時間の装着でも快適な着け心地を体験することができます。

これまでのヘッドホンは、他社製品も含め耳全体を覆うタイプが主流でしたが、このオンイヤーヘッドホンは名前の通り、
まさに「耳の上にのせる」感じ。大きさも成人の耳と同じくらいのサイズとなっています。
イヤークッションは見た目ふっくら、装着するとよりふっくら感を実感できます。
耳全体のくぼみにこのふくらみがぴったりフィット。親指と人差し指で「プニュプニュ」したくなるそんな素材でできています。


スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ0024.jpg

この中に折りたたんで収納できますので、持ち運びに便利です。

オーディオケーブルは着脱可能で、装着時も邪魔にならない片出しタイプのケーブルを採用。
ケーブルのわずらわしさを気にせず、快適に音楽をお楽しみいただけます。
Bose OE2 audio headphonesは、パフォーマンス向上のために構造を一から見直すと同時に小型・軽量化に成功。
内側に90°回転する折りたたみ方式を採用し、コンパクトな専用キャリングケースも付属。


スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ0025.jpg

ホワイトもカッコイイなぁ。。。悩む...。このクッション部分見てください!プニプニモフモフ。

今回のヘッドホン、カラーにも注目です。BOSEと言えば黒をベースとした製品が印象強いですが、
新たにホワイトがラインアップに加わりました。
このホワイトモデル、なんとBOSEヘッドホンとしては初めて採用されるカラーとなります。
わず、お使いいただけるのはもちろん、iPhoneやiPod、iPadにもぴったり。
ファッション性やデザインにも重視したカラーバリエーションとなっています。

私個人的には、今回たくさんの女性たちにこのホワイトでBOSEの音の良さと魅力を体感していただけると嬉しいです。
正直、街中でBOSEヘッドホンをしている女性は1人2人くらいしか今までお目にかかったことはないのですが、
「BOSEな女性」にこそ、オシャレを感じる今日この頃。。。

ボーズ・オンラインストア


関連記事:数量限定・非売品!小型オーディオ「ウェーブミュージックシステム」BOSE特製台座プレゼントキャンペーン
関連記事:音の最高峰!スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ 片耳が新しい!最新型Bluetoothヘッドセット編
関連記事:音の最高峰!スピーカー・音響機器BOSE(ボーズ)本社レポ
関連記事:限定500台 BOSE(ボーズ)iPod / iPhone専用スピーカー「SoundDock Series II(サウンドドックシリーズII)」レポート!
関連記事:500台限定モデル!「赤」のボーズ(BOSE)サウンドドックシリーズII 登場!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック