SEO本とアクセス解析本

SEOアクセス解析 (1).JPG

最近購入した勉強本です。只今ブログの再構築をしていますので、
それを機に再度SEO対策ともうひとつはアクセス解析の観点からアクセス数のアップを図ることが目的。
何かヒントが見つかるかも...と思い、久しぶりにこういった書籍を手に取ってみました。


SEO2 (1).jpg

右のSEOは攻めであるのに対し、アクセス解析は今のリアルなアクセス状況を分析し、そこから傾向を把握し改善します。
双方を理解、改善することがアクセスアップに繋がります。
サイトの強み(人気記事や傾向)や弱点は何なのか、それらを修正していかなければなりません。
長所は伸ばす、短所は改善。

まずこの2冊を読んだ感想を書きます。
右のSEO対策本については、全体的に具体的な数値を用いて書かれています。
特にこの本は内部リンクと外部リンクの重要性に触れていて、これらのリンク本数など目安が具体的数値で示されています。
物事、具体的数値で表すと説得力が増しますが、googleに関してあまりに数値を特定しすぎるするのはキケンです。
googleロボットのことは詳しい専門家であっても完璧に把握することなど不可能です。
何より100%の根拠に値するものがありません。
ロボットはこれまでのデータを蓄積し、そこから学んで成長します。全ては未知数。わかるわけありません。
これがgoogle検索エンジンです。

正しいか間違えか、これは読んだ人が判断すべきだと思います。
私はあくまで「参考」にすべきかなと...目安ですね。
もう少し新しい情報が欲しかったです。少し情報が偏りがちな印象を受けました。

グーグルアナリティクスについては、全体的に物足りなさを感じました。
まず数ページ読んで思ったことは、遠回しながら同じことが書かれているなと。
加えて画面遷移の写真が多く、1の次は2ですよ、2の次は3ですよ、
言わばグーグルアナリティクスのトリセツのようなもの。つまり使い方が書かれているだけ。
ただ、初めてグーグルアナリティクスを使う方やチェレンジしてみようと思う方にとっては
非常にわかりやすいものになっています。そういう方にはオススメいたします。

グーグルアナリティクスを使っている人にしてみれば、応用が足りない。そんな印象を受けると思います。
応用とは何かと言えば、今のアクセス状況(数値や傾向)を活用してさらなるアクセスアップに繋げる策です。
こことここを見ればこれがわかります。これは初めての人でもあちこちクリックしていればわかること。
一歩進んだ解析方法、比較方法、そしてそれを改善する対策がもう少し欲しかったです。

アクセスアップを図る上でアクセス解析はとても重要です。
なので超高機能のグーグルアナリティクスの使い方は事細かに理解しておいたほうが良いです。
この本を学んでソンはありません。普段使ったことがない解析方法に辿り着くことができると思いますので。
ちなみにほとんどのブログサービスにアクセス解析機能は付随していますが、
より細かなところまで分析できるのがグーグルアナリティクスです。驚くほど高性能です。


SEOアクセス解析 (2).JPG

これまでもこの手の本は結構読んだのですが、今は時代の変化も激しく、ネットを取り囲む環境も以前とは大きく変わってきています。
すべては「集客」にあります。そのために何をすべきか。
まずはgoogle(グーグル)を知ること。これが大前提。
googleも時代とともに検索エンジンロボットのアルゴリズムが変化しています。
こちらの対応と、あと私がここ数年気になっているのがSNSの存在です。
ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、google+、はてな他。



SEO2 (2).jpg


「アフィリエイト」と書いてる本が多いですが、アフィリエイトは二の次。
アフィリエイトで成果を出すために何をすべきか。結論はSEO。
SEO対策をしないと集客はありません。集客がないと成果は出ませんね。



SEOアクセス解析 (5).JPG

写真の7冊はかなり昔に勉強したものです。
何はともあれまずはgoogleです。


SEOアクセス解析 (6).JPG


Google Analytics アクセス解析テクニック
SEO対策 検索上位サイトの法則52
ホームページアクセスアップ完全計画―検索エンジンからのリンクがどんどん増える!
プロが教える「アフィリエイト集客」実践ガイド
ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック 第2版 単行本(ソフトカバー) – 2008/9/11
超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
ホームページが楽しくなる!アフィリエイト徹底活用術
Web検索エンジンGoogleの謎 アフィリエイト編
誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック